射水保護司会は富山県の中央部、射水市で活動する保護司により構成される団体です

第36回射水市中学生生活体験発表大会

第67回〝社会を明るくする運動"の一環として、射水市中学生生活発表大会が平成29年5月18日射水市立射北中学校で、開かれました。

この大会は、毎年〝社会を明るくする運動”射水市推進委員会と射水保護司会が主催し、会場・運営を市内各中学校持ち回りで御協力をいただいています。

江尻昭射水保護司会長のあいさつにつづいて、黒田和治射水市中学校校会長の激励の言葉を受け、市内中学校6校の代表者が日常生活や学校生活で体験したことや考えたことを5分間の持ち時間で発表しました。

審査中には、第67回“社会を明るくする運動”富山県推進大使に委嘱された富山県住みます芸人のフィッシュ&チップスさんが出演しました。

審査委員長の杉本茂射水市教育委員会事務局次長講評に続き、審査結果が発表されました。

富山県大会の射水市代表には、「どんなリーダーであるべきか」と題し発表した牧野将也 さん(小杉中3年 )が選ばれました。

牧野さんは、生徒会長として自分の目指すリーダーシップを探る中、先生や友達からダメ出しをもらい、すすんでみんなの声に耳を傾けた。任期を全うできたのは、先生や友達のおかげと感謝し、ダメ出しをもらえるぐらい近い存在になれたことが、自分らしいリーダーの姿ではないかと発表しました。

第55回富山県中学生生活体験発表大会は、7月1日(土)午後1時~午後4時に富山国際会議場で行われます。

本日、運営にご協力いただいた射北中学校職員の皆様、司会進行役をしてくださった生徒会、発表に真剣に耳を傾けてくださった射北中学校全校生徒の皆さん、ありがとうございました。

 

     体験発表者及び演題(発表順)

 学校名  学年   氏 名     題  名

1 射 北  3  金三津 歩  地域の歴史を守ること

2 新湊南部 3  山崎 萌華  当たり前の幸せ

3 小杉南  2  小沼 越琉  選択

4 大 門  3  奥  佑樹  心の在り方

5 小 杉  3  牧野 将也   どんなリーダーであるべきか

6 新 湊  3  磯部 菜摘  勇気をもって

 

 

(資料)

    第36回射水市中学生生活体験発表大会

           ~大会次第~

14:00  開   会   司会:射水市立射北中学校生徒会
       開会の挨拶   射水保護司会会長    江尻 昭
       激励の言葉   射水市中学校校長会会長 黒田和治
       審査員の紹介
       発表上の注意

14:15  生活体験発表

14:50  審査会議
       アトラクシヨン

                富山県「社会を明るくする運動」推進大使

     フイツシユ&チツプス
     (吉本興業カンパニー・全国住みます芸人)

15:10  講    評  射水市教育委員会事務局次長  杉本 茂
       審査結果発表

15:15  表    彰

15:25  閉会の挨拶   射水保護司会副会長  豊田博保
 
15:30  閉    会

 審査員紹介
  (審査委員長)

  射水市教育委員会事務局次長       杉 本   茂

  (審査委員)

  射水市更生保護女性会会長        道 古 正 子
  射水保護司会理事            新 中 孝 子
  射水保護司会理事            多 賀 正 夫
  射水保護司会理事            塚 本 秀 樹

 

  射水市代表者牧野将也さん(小杉中)は
  第55回富山県中学生生活体験発表大会に出場されます。
     日 時:平成29年7月1日(土)午後1時~午後4時
     場 所:富山国際会議場
        富山市大手町卜2  電話076-424-5931
      ※関係者の皆様、応援よろしくお願いします。

          “社会を明るくする運動”とは

  “社会を明るくする運動”はヽ全ての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの
  更生について理解を深めヽそれぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない
  明るい社会を築こうとする全国的な運動です。